はたけのじょうきょう

はたけのじょうきょう

これは、長女が描いた、畑のレポート。

字があまり美しくないのは、お許しください。。。

長男が大事に大事に育てているトウモロコシに、アワノメイガの卵が産み付けられていました。

アワノメイガは、この蛾対策のために、遺伝子組み換え植物まで作出されているほど、トウモロコシには深刻な被害が出ます。

長男は、タヌキやハクビシンから守るだけでなく、

アワノメイガ!アブラムシ!と対策に奮闘しています。。。(がんばれ!)

その気持ちを汲み取るかのように、長女も同じような気持ちになったようです。(長女はそんなに、畑に夢中ではないのだけど)

物理的防除とか、ストチュウとか、被害のあった雄蕊を切ろうとか、

被害のない雄蕊を覆って守ろうとか、絶対トウモロコシを収穫するぜ!

という本気度が高い話を、朝からしています。

トウモロコシのすぐそばには、ナスやキュウリも育っています。

ナスの虫対策には、マリーゴールド!

キュウリの虫対策には、ディル!

と、野菜に何かの液体をかけたり、物理的に覆ったりするだけでなく、

コンパニオンプランツを植えてあげるのも効果的です。

また、アブラムシにはテントウムシというような、天敵となる

虫の生態を利用した対策もかなり有効です!

ちなみに、、、

マリーゴールドは、ものすごく臭いです。

この直後には、長女は顔をしかめました。。。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です