子どもの居場所としての畑6/18

子どもの居場所としての畑6/18

今日は、本格的な梅雨空です。

長男は雨でも畑が気になって行きたがりますが、

雨の日の畑は泥んこぐちゃぐちゃです。

畑を貸してくれている大家さんも、靴に泥がつくような日は

作業しないものだ、と教えてくれました。

晴耕雨読、ですね。

昨日までは、晴れたり曇ったりで、なんとか畑にも行けたので、

子どもたちと畑へ!

長男は、とうもろこしの林だー!と喜び、

次男は、畑脇の道で泥んこ遊び。お化けごっこも??

かくれんぼできるかな?
晴れでも泥んこ!
泥んこお化け??

マリーゴールドは、学校の子どもたちと育てた花から取れたタネを

使って育てました。タネのリレーが続きます。

ワタ、藍も育ってきています。

隣のリンゴ畑では、実がなりはじめています!

川崎でもリンゴ!
初めて育てるワタ

最近の長男は、学校行って、シジュウカラと遊んで

(餌台にひまわりのタネを置きます)、畑行ってれば、

それでいい!!と言っています。

イコール、分散登校で休みの日の宿題がいらない、

という意味でもあるみたいですが、

ちょっと嬉しいひとことでした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です